phone
email

外壁のカビや苔の悩みを解決!メンテナンスとパルクコートで家を丸ごと抗菌バリア!

 

皆さんこんにちは。

茨城県水戸市を拠点に、笠間市、ひたちなか市、日立市など茨城県内でハウスクリーニングや定期清掃、おうちのウイルス対策のバリアコーティングを手掛ける株式会社アンツです。


アンツでは、家の中だけでなく外壁の掃除やメンテナンスも手掛けています。外壁のカビやコケは気づかないうちに繁殖していたり、人目につきにくい場所だからと放置してしまったりするケースも多いようです。しかし、カビやコケをそのままにすると外観の美しさが損なわれるだけでなく、さまざまな問題を起こす可能性があるので注意が必要です。



■外壁のカビやコケを放置するとどうなる・・・?



湿気のあるカビやコケが壁についた状態が続くと、水分が染み込んでしまい外壁が劣化します。外壁の耐久性・防水性が落ちることで、建物全体にダメージを与える可能性もあります。さらに、カビを放置することで空気中にただよう胞子を吸い込み続けることで、アレルギー発症の原因となり、咳やくしゃみが止まらないなど呼吸器への影響が出ることも考えられます。



■定期的な洗浄でカビやコケの発生を防止



アンツでは、屋外用に開発されたワンステップ・スプレー・クリーナーという専用の洗剤でカビやコケ、藻などを除去していきます。石畳やタイルの目地に生えたカビやコケも除去できて、再発防止の効果もあります。


放置したことで根が深くなったカビは、完全に取り除きにくく、除去に時間や費用がかかることも。特に外壁は外気にさらされ続けており、カビやコケを全く付着させないことは難しいので、定期的な洗浄をしてカビやコケを早めに落とし、外壁の劣化や健康被害を防ぎましょう。



■光触媒のパルクコートで家を丸ごと抗菌コーティング



カビやコケは日当たりが悪く日陰になった場所を好むため、家の北側や日が当たりにくい立地の場合は、掃除をしても再発生しやすくなります。そこでアンツでは、カビやコケの除去やメンテナンスの際に、防カビ・防藻効果のあるパルクコートを使った「光触媒コーティング」をあわせておすすめしています。光触媒の抗菌コーティングをすることで、外壁の美しさを維持でき、メンテナンスのコストも削減できます。


「外壁にコーティングしても、雨風ですぐに効果がなくなってしまうのでは?」と思われる方もいらっしゃいますが、パルクコートのコーティングは約2時間で乾燥し、雨風では剥がれない膜が作られるので、心配ありません。その後も膜は硬化し続け、数週間後には過酷な自然環境でも耐えられる鉛筆硬度4H〜5Hの強固な膜になります。


光触媒コーティングをすれば、光触媒のセルフクリーニング機能で汚れにくくなるだけでなく、長期間に渡って高い抗菌効果を発揮し続けてくれます。「外壁のカビやコケに困っている」「家をまるごと抗菌バリアしたい」という方は、茨城県水戸市のアンツまでお気軽にご相談ください。


<光触媒コーティング>

https://antz-inc.jp/palccoat