phone
email

大掃除がスムーズに進む!ハウスクリーニングのプロが伝授する大掃除のコツ

 

皆さんこんにちは。

茨城県水戸市を拠点に、笠間市、ひたちなか市、日立市など茨城県内でハウスクリーニングや定期清掃、おうちのウイルス対策のバリアコーティングを手掛ける株式会社アンツです。


新しい年を気持ちよく迎え健康に過ごすためにも、年末の大掃除は大切です。しかし、「掃除しなければならない場所が多く、どこから手をつけてよいかわからない」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこで今回は、ハウスクリーニングを行うプロの視点から、大掃除がスムーズに進むコツをお伝えします。



■大掃除を成功させるポイント



まずは掃除の基本である「上から下」「奥から手前」といった掃除の順番を守りましょう。2階建ての家なら、2階が終わってから1階の掃除をします。部屋の中は、天井から始めて照明や壁、棚をきれいにし、最後に床掃除をします。そしてリビングから廊下、玄関に向かって順番に掃除していきましょう。


「上から下」「奥から手前」を守りながら掃除をすることで、きれいにしたところにホコリが落ちることを避けられるだけでなく、順番に作業することによって掃除のし忘れを防げます。


効率よく順番に掃除していくために、簡単に掃除する場所のチェックリストを事前に作っておくと便利です。日程を細かくスケジュールにしておくという方法もありますが、スケジュールを作成するのが面倒に感じてしまうほど大掃除は大仕事ですよね。そのため、大掃除したい場所リストのみをリスト化し、その中で掃除の順番を守りながら進めていくといいでしょう。リストを作って掃除に必要な洗剤や道具を前もって揃えておくと、スムーズに大掃除がスタートできます。家族みんなで大掃除をする場合は、どこを担当するか役割分担を早めに決めておくとよいでしょう。チェックリストによって大掃除のゴールが視覚化できるので、目標を持って進められます。



■プロが教える!汚れを落とすコツ



洗剤を使って何度もこすっているのに汚れが落ちない」「重曹できれいになると聞いたのにあまり効果がなかった」などうまくきれいにならなかった経験から、掃除が苦手だと思われる方も多いようです。今までの苦手意識をなくして掃除上手になるコツは、汚れの性質を把握して、効率よくきれいにしていくことです。


洗剤には酸性とアルカリ性のものが売られていますが、汚れにも酸性とアルカリ性があるのをご存じでしょうか。食品の油や手アカ、皮脂などは「酸性」の汚れ、水アカや石鹸かす、尿などは「アルカリ性」の汚れです。汚れと反対の性質の洗剤を使って中和させることで、汚れが溶けて落としやすくなります。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使いましょう。


掃除の定番となっている重曹は水に溶かすとアルカリ性になるので、手アカなどの酸性の汚れに効果的です。クエン酸は酸性のため、アルカリ性の汚れを落としたい時に使いましょう。



■負担に感じる場所はプロに依頼を



1年分の汚れが蓄積した換気扇の油汚れや水廻りの水アカは、こびりついて頑固な汚れになっていることも。家中をきれいにしなければならない大掃除で、普段手を出さない部分の掃除は気力も体力も必要になります。


そこで、自力でできる掃除だけを自分で済ませ、汚れがひどい部分や苦手意識のある場所の掃除はプロに任せるのもおすすめです。時間のかかる換気扇の奥の油汚れやお風呂の黒カビなども、プロのハウスクリーニングなら専門の道具や洗剤を使って徹底的にきれいにできます。子育てや加齢によって、今までできていた大掃除が負担に感じるようになり、ハウスクリーニングを試してみたというケースも多くあります。利用できるサービスを上手に使いながら、新しい年を迎える準備をしてみてはいかがでしょうか。


茨城県水戸市のアンツでは、住宅のハウスクリーニングはもちろん、飲食店や美容室、病院などの専門的なクリーニングも行っております。化学製品を一切使わない電解水を使用したハウスクリーニングや、カビ対策・A型インフルエンザにも効果的な「ケスキン」「パルクコート」の光触媒によるコーティングも承っております。「大掃除でプロのハウスクリーニングを試してみたい」「抗菌効果のあるハウスクリーニングに興味がある」という方は、まずはアンツまでお気軽にご連絡ください。


<光触媒コーティングについて>

https://antz-inc.jp/palccoat