phone
email

大掃除の季節到来! 窓ガラスクリーニングのススメ

 

1年も終わりに近づき、そろそろ年末の大掃除を計画されている方もいらっしゃるかと思います。家中をピカピカにするのは大変で、特に窓は汚れが落ちにくく、苦戦することも多いでしょう。そんな時は、プロに窓ガラスクリーニングを依頼するのがおすすめです。ここでは窓ガラスが汚れる理由や、窓ガラスクリーニングのメリットをご紹介します。




■11月に大掃除を始めるメリット



大掃除といえば年末に行うイメージがありますが、実はもう少し早めの11月に行うのがおすすめです。理由はいくつかありますが、まず比較的過ごしやすい気候であること。12月に入ると寒くてなかなか腰が上がりませんが、11月くらいの気候だとお掃除がやりやすいのです。掃除中に窓を開けたりエアコンを止めたりしても、それほど負担になりません。


また、湿度もちょうどいい季節のため、ホコリがベタついたり舞い上がったりすることも少なく、効率的にお掃除が行えます。さらに、ハウスクリーニング業者も閑散期なので予約が入れやすく、料金も割安になっているのです。自分で行うにしても業者にクリーニングを依頼するにしても、11月が大掃除のベストタイミングといえるでしょう。


なお、ハウスクリーニングのおすすめ時期については、過去の記事で詳しく解説しております。以下の記事もぜひご覧ください。


▶ハウスクリーニングおすすめの時期はいつ? 予約のポイントを解説

https://antz-inc.jp/blog/house/126810




■窓ガラスの大掃除も重要です



大掃除の中でも、窓ガラスの掃除を特に負担に感じている方は多いと思われます。拭いても拭いても汚れが落ちないこともあり非常に厄介ですが、そもそも窓の汚れとは一体何なのでしょうか? これは、窓ガラスの「内側」と「外側」に分けて考える必要があります。


まず、窓ガラスの内側の汚れは手垢やホコリ、油汚れ、そしてそれらを餌とするカビです。窓の開閉時、ガラスに触れた部分に皮脂がついたり、汚れた手で触った時に跡が残ったりします。また、部屋のホコリは空気中に浮いているので窓に付着しやすく、リビングとキッチンがつながっている家なら、調理中の油汚れが他の部屋の窓につくこともあります。


一方、窓ガラスの外側が汚れる原因は、風で飛ばされてくる砂や花粉、雨に混じった土などです。道路が近い場所では排気ガスで黒くなることもありますし、地域によっては黄砂や雪解けの水アカで汚れがひどくなるケースもあります。


つまり、窓ガラスのお掃除は内側と外側で方法を変え、それぞれの汚れに合わせたお掃除をするのが効率的なのです。たとえば、市販の洗浄液を使うにしても、内側には油汚れやカビに効果のあるものを、外側には土ぼこりや水垢に適したものを使うのが望ましいでしょう。


このように気を使いながら窓を掃除するのは大変ですが、きれいにすることで多くのメリットが得られます。早めに掃除をすれば、汚れを餌にするカビの発生を抑制できますし、汚れが蓄積して取れにくくなってしまうのも防げるでしょう。そして何より、ピカピカの窓は見ていて気持ちよく、快適に過ごせるようになります。爽やかな気持ちで新年を迎えるためにも、大掃除の一環として窓掃除を行いましょう。




■窓掃除は専門業者に依頼するのがベスト



汚れの原因を理解して窓掃除を行っても、想像以上に汚れが頑固で落としきれないことは珍しくありません。また、子育て中や共働きのご家庭、年齢を重ねて最近掃除が大変になったという方にとって、忙しい年末に家中の窓を掃除するのは大きな負担でしょう。そのような時は、プロの手を借りるのがおすすめです。


ハウスクリーニングの専門業者は、専門技術によって汚れを落とし、家中の窓をピカピカに仕上げてくれます。手が届きにくい窓の上の方の掃除や、寒い中での外側の掃除などもすべて任せられるので、お客様は一切負担を感じず忙しい時でも掃除ができるのです。11月中なら料金も割安ですから、早めにハウスクリーニングを行って、新しい年を迎える準備をしてみてはいかがでしょうか。



茨城県水戸市を拠点にハウスクリーニングを行っているアンツでは、窓クリーニングをはじめ換気扇や排水口、浴室のみなどのお掃除を1ヶ所から承っております。光触媒によるコーティングを行い、きれいな状態を長持ちさせることも可能です。今年は大掃除の時間が取れない、なかなか手が回らない箇所のお掃除をしたい……といったお悩みのある方は、ぜひアンツにお声がけください。