phone
email

汚れの悪循環を防ぐ!窓ガラスをきれいにするメリット

 


皆さんこんにちは。

茨城県水戸市を拠点に、笠間市、ひたちなか市、日立市など茨城県内でハウスクリーニングや定期清掃、おうちのウイルス対策のバリアコーティングを手掛ける株式会社アンツです。


1年も終わりに近づき、そろそろ年末の大掃除を計画されている方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、窓ガラスが汚れる原因や窓をきれいするメリットをご紹介します。




■窓ガラスが汚れる原因とは



汚れの原因を知ることで効果的に掃除することができます。まず、窓ガラスの汚れは「内側」と「外側」で分けて考えましょう。


窓ガラスの内側の汚れは、手垢やホコリ、カビ、油汚れです。窓の開閉時、ガラスに触れた部分に皮脂がついたり、子どもが汚れた手で触った跡が残ったりします。また部屋のホコリは空気中に浮いているので窓に付着しやすく、カビの発生につながります。最近ではリビングとキッチンがつながっている住宅も多く、調理中の油汚れが他の部屋の窓につくこともあります。


窓ガラスの外側は、風で飛ばされてくる砂や花粉、雨に混じった土などで汚れていきます。道路が近い場所では排気ガスで黒くなることも。地域によっては黄砂や雪解けの水アカで汚れがひどくなるケースもあります。


つまり、窓ガラスの外側と内側では、それぞれの汚れに合わせたお掃除をするのが一番効率的だといえます。




■窓ガラスをきれいにするメリット


窓ガラスの掃除は大変ですが、きれいにすることで多くのメリットがあります。



・汚れの悪循環を防ぐ


窓ガラスにはさまざまな汚れがついています。ホコリは手アカや油、結露の水分などと合わさることによって窓ガラスにぴったりと貼り付き、取れにくい汚れに変化していきます。特に放置された窓外側の汚れは、こびりついて落としにくくなります。定期的に窓ガラスを掃除することによって汚れを取り除き、汚れが積み重なってひどくなっていくのを防げるのです。



・カビの発生を抑える



窓ガラスをきれいにすると、湿気の多い梅雨や夏場に発生してしまったカビが増殖してしまうのを抑えられます。窓掃除をする際には、網戸やサッシも合わせて行うと汚れやカビの抑制に効果があります。



・ピカピカの窓で気持ちよく


汚れ一つなく掃除された窓は見ていて気持ちの良いものです。きれいな窓から差し込む日差しで1日を爽やかに過ごせるようになるでしょう。




■プロのハウスクリーニングで大掃除を



大掃除に窓掃除をしているご家庭も多いかと思いますが、「拭き跡が残ってきれいにできない」「窓が多くて大変」という場合は、プロの手を借りるのもおすすめです。


手が届きにくい窓の上の方の掃除や寒い中での外側の掃除など、窓ガラスの掃除は意外と重労働です。子育て中や共働きのご家庭、年齢を重ねて最近掃除が大変になったという方にとって、忙しい年末に家中の窓を掃除するのは大きな負担ですよね。大掃除だからこそ、ハウスクリーニングの専門技術で家中の窓をピカピカに仕上げ、新しい年を迎える準備をしてみてはいかがでしょうか。


茨城県水戸市を拠点にハウスクリーニングを行っているアンツでは、電解水を使用したハウスクリーニングやカビ対策、A型インフルエンザにも効果のある「ケスキン」や「パルクコート」の光触媒によるコーティングも承っております。こちらの光触媒によるコーティングは、窓ガラスにも施工可能です。しっかりと細かな汚れを取ったあとにコーティングすることで、見た目のきれいさを長持ちさせながら、抗菌効果をプラスできます。ウイルスが気になるこの季節に、「窓ガラスのクリーニング+光触媒コーティング」もおすすめです。


窓ガラスの掃除やハウスクリーニングを検討されている方は、アンツまでお気軽にご連絡ください。


\\\お得なキャンペーン実施中///

詳しくはトップページをご確認ください。

https://antz-inc.jp/


<光触媒ケスキンについて>

https://antz-inc.jp/keskin